精子提供情報センター

精子提供者や精子バンクの選択から病院選び、妊娠・出産のご成功までをサポートします

胚盤胞のグレードのみかた

体外受精の時に、大変気になるのが胚盤胞のグレードです。(胚盤胞とは、受精後5日目もしくは6日目の受精卵(胚)の状態のことです・・・つまり「生まれて5日目か6日目の受精卵ちゃん」のことですね) 胚盤胞のグレードの示し方にもいろいろあるようなのですが、ここでは代表的な「Gardnerによる分類」をまとめておきます。

もしも、胚盤胞のグレードが「5AB」だったとすると、

5・・・胚盤胞のグレード

A・・・赤ちゃんになる部分のグレード

B・・・へその緒や、胎盤になる部分のグレード

 

数字のグレード (優秀さの順番は、6>5>4>3>2>1)

1 初期胚盤胞(胞胚腔が胚の半分以下)

2 初期胚盤胞(胞胚腔が胚の半分以上)

3 完全胚盤胞(胞胚腔が胚の全体に行き渡る)

4 完全胚盤胞(胞胚腔が胚の全体に行き渡り、透明体が薄くなる)

5 孵化しつつある胚盤胞

6 孵化した胚盤胞

 

アルファベットのグレード (優秀さの順番は、A>B>C)

A 濃い

B ふつう

C  薄い

 

なので、もしも胚盤胞のグレードが「5AB」なら、孵化しつつある胚盤胞で、赤ちゃんになる部分は大変優秀、へその緒や胎盤になる部分も普通ですよ~ということになりますね。

 

参考にしたサイト・・・英ウイメンズクリニック http://www.hanabusaclinic.com/column/2008/11/post-2.php